若手に回ってきにくい現状

外科医になってオペをやっていきたいという目標を立てる医師は少なくありません。多くの患者を直接的に救っていくことができるという点で、手術には大きな魅力があります。それに加えて、技術的にも難しいものが多く、困難を乗り越えて技術習得していくことを生きがいとする外科医も大勢います。生涯の仕事として、手術のための手技を身につけて活用していくというのも多くの外科医が目指すことになっているのです。

そのため、現場で活躍できるようになるためにはいささか苦労を強いられる場合があることは否めない現状があります。ほとんどの外科医がオペに入ることを望んでおり、毎日できるだけ多くの経験を積んでいきたいと考えている状況があるからです。教育がしっかりとしている医療現場では、新人も必ず経験を積む場所が提供されるでしょう。しかし、自分がやりたいと思っているベテラン外科医が多いのが事実であり、教育がシステム化されていない場合には若手が経験を積めるタイミングが少なくなりがちなのです。必然的に、活躍できるようになるためには長い年月が必要となってしまう傾向があります。希望する診療科が有名な病院に就職することができ、著名な医師の指導を受けることができても、一緒にオペ室に入れないというのは損になってしまうでしょう。そういった現場となってしまっていることはよくあるため、より教育システムが充実した現場を求めて転職すると腕を磨いていくことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です