オペ室勤務に不可欠な看護スキル

オペ室で看護師が勤務する場合、それぞれの患者に接して直接的にケアを提供するよりも、手術における医師のサポートが重要な役割になります。一例としては、手術の準備は外回りとしても知られ、病棟から患者の搬送を行い手術に必要な物品を事前に用意し、患者の健康状態を手術前に確認しておくなど、あらゆる準備を看護師が担当するのです。そのため、手術室勤務は看護師の技量が重要な役割を担い、医療スタッフの中でも看護師が活躍しやすい勤務先としても知られています。

手術室ではオペ中に医療機器を医師に手渡しする役目がありますが、これは単に医師に指示された医療機器を手渡しするだけではなく、前もって手術の術式を理解しておき、適切なタイミングで医師の手術の邪魔にならないように手渡ししなければなりません。これは事前に必要な数を用意しておき、医療機器の用途に応じ使い易さを重視して手渡しする事が求められるので、手術の工程を詳しく理解しておく事が必要になるのです。

また、手術室勤務の看護師には、手術中の患者の健康状態を機器に反映されたデータから素早く理解する能力も必要です。万が一、手術に支障を来たすような健康状態の変化が機器に反映された場合には、医師に報告するだけではなく、必要になる可能性の高い薬剤や医療機器を予測しておき、素早く対応出来るようにしておかなければなりません。こういったことから、オペ室での勤務は細かな配慮と手術に対する深い知識が要求されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です